弧(曲線)の書き方、角を消す滑らかにする

弧(曲線)の書き方、滑らか

曲線の中でも今回はこの書き方について説明します
弧を描くツールは弧13になります

ショートカット:”A”

始点となることろをクリックします
終点となるところまでマウスを動かし、クリックします
直線ができます
弧1
マウスをさらに動かすと、弧が書けます
弧2
直線の時同様、数値による入力ができます
数値を入力するときの値は、直径の値になります

弧に角を消す滑らかにする

弧が小さいとあまり角は目立ちません
弧3
しかし、大きな弧を描くと角が出てしまいます
弧4
この角の数を数えると12個の角が出ています
弧5
弧を大きくしても角を滑らかにする方法として、
この上にマウスを持っていき、右クリックし
[エンティティ情報]を選択します
弧6
【エンティティ情報】のウィンドウが開きますので、
セグメント数の値を[24]とします
弧7
すると、弧が滑らかになります
弧8
このように、用途に合わせて、このセグメント数の値を大きく変更することで、
滑らかにすることができます